口の周りのニキビはなんでできるの?

口の周りのニキビができる原因は主に3つ

 

内臓機能の低下によるもの

 

食べ過ぎや刺激物を食べた後など、胃や腸に負担がかかると口の周りにニキビができやすいと言われています。口の周りのニキビが繰り返して悩んでいるなら、胃腸に負担のかかる食べ物は避けましょ。また睡眠不足だと胃腸がやすまらないため睡眠も十分にとりましょう。

 

 

手でよく触ってしまう

 

口の周りは意外とよく手で触ってしまいがちです。手で触ってしまうとどうしても雑菌や刺激によって毛穴に溜まった皮脂が炎症起こしてニキビになりやすくなります。できるだけ触らないように心がけましょう。

 

 

保湿不足

 

いちばん多いのが保湿不足によるもの。口の周りは乾燥しやすいので保湿が重要です。口の周りが乾燥すると肌を守ろうと皮脂の分泌が盛んになってニキビの原因になります。また、乾燥によって古い角質が溜まってしまい、これも毛穴をふさいでしまう原因になるのです。

 

 

口の周りのニキビが繰り返すなら3つのことを心がけてニキビができにくい肌を作るよう心がけましょう。

 



口の周りのニキビを繰り返す人におすすめの保湿ケア

保湿不足による口の周りのニキビは当然保湿をすることが大切。
口の周りに限らず保湿はできるだけ肌の奥へ浸透するものと保湿の効果をできるだけ長く持続させることが大切です。

 

ニキビ肌の方のための保湿ケアである肌潤糖クリアはお砂糖のもつ浸透力と保水力がある保湿剤。洗顔の後に使うだけで驚くほどの保湿効果を生み出してくれます。

 

口周りのニキビが繰り返して悩んでいるなら肌潤糖クリアを試してみてはいかがですか?

 

 

 

⇒肌潤糖クリアの公式ホームページはこちら

 

 

 

口周りの繰り返すニキビが防げた潤い保湿ケア

繰り返す口周りのニキビにお悩みですか?口周りのニキビが繰り返す原因は内臓機能の低下によるもの、口周りを手で触ったり、こすったりすることによる雑菌や刺激によるもの、乾燥による保湿不足によるものがあります。特にいちばんの原因となるのが最後の保湿不足によるものです。口の周りは顔の中での乾燥しやすい場所ですよね。ニキビと聞くとTゾーンなど皮脂の分泌が盛んな場所が多いと思われますが、口周りなど乾燥しやすい場所も意外とお悩みの方多いのです。肌が乾燥するとバリア機能が低下して外的刺激に弱くなってしまい、乾燥から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌することで逆にニキビができやすくなってしまいます。また乾燥によって肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうため、角質が毛穴をふさいでしまい皮脂つまりによるニキビができやすくなるのです。乾燥しやすい口の周りはこうして何度もニキビを繰り返すことになってしまいます。口周りのニキビを防ぐにはきちんと保湿ケアをすることが大事。特に肌の奥で潤いを貯水してくれる潤い貯水型の保湿ケアで健康的な肌へ導いて肌のバリア機能の強化とターンオーバーを促進して繰り返す口周りのニキビを防ぎましょう。